アーカイブ
カテゴリー
瓶詰め漢方

不妊治療には様々な方法があり、患者の状態や意向、医者の方針や経験などによって使い分けられていますが、大きく分けると西洋医学に基づいた方法と東洋医学に基づいた方法があります。
まず西洋医学ですが、これは明治時代に日本にも伝えられ、問題を解決するために人工的な薬で症状を押さえ込んだり無理やり治癒能力を引き出したりするスピード重視の特徴が見られます。
医療に関しては日本も西洋医学に倣っている部分が多く、不妊治療でもよく採用されています。
一方の東洋医学は、問題の原因を明らかにし、たとえ時間がかかっても自然に近い形で体に負担をかけないように対処していく特徴があります。
漢方薬が良い例で、外部から何かを加えるよりも体が持つ力を引き出して解決に導く事を大切にしています。
漢方薬は何らかのトラブルを抱えた体をじっくりと労わって元通りにする事を目的としてよく採用され、不妊治療でも効果が認められています。

西洋医学が一般的な現代、漢方薬が不妊治療にどう働くかというとイメージがしづらいかもしれません。まず、漢方薬は体の血行をよくして体を温める効果があります。
血行が良くなると新鮮な血液が体のすみずみまで行き渡り、各部位に栄養分が届くようになります。
するとそれまで体の各機能が再び活動しはじめるようになり、不妊治療につながるというわけです。
不妊治療に漢方薬を使う事に興味を持ったら、是非こちらのサイトをご覧下さい。
さらに詳しい説明を読み、理解を深めていただきたいです。